コンテンツにスキップする

トルコ大統領:カショギ記者殺害命令はサウジ最高レベルから-WP紙

  • ワシントン・ポストへの寄稿でサウジ政府のメンバーを批判
  • サルマン国王が命じたとは「全く思っていない」

トルコのエルドアン大統領は2日付の米紙ワシントン・ポストに寄稿し、カショギ記者の殺害を命じたとしてサウジアラビア政府のメンバーを初めて批判した。

  • 「われわれはカショギ記者殺害の命令がサウジ政府の最高レベルから出されたものだと知っている」
  • カショギ記者失踪の捜査が行われている段階で、エルドアン大統領はムハンマド皇太子非難に近づいている様子だったが、WP紙への寄稿でサウジ政府からの命令だと訴えた
  • 同大統領は「私はサルマン国王がカショギ記者への攻撃を命じたとは全く思っていない。このため同記者殺害がサウジの公式の政策を反映したと考える理由はない」とし、国王の批判はしなかった

原題:Erdogan Blames Saudi Government in Khashoggi Murder, Spares King(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE