コンテンツにスキップする

オクジフ:7-9月も資金流出止まらず、14年末以降では250億ドル

米ヘッジファンド、オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループは出血を止めることができていない。

  同社の顧客は7-9月(第3四半期)もファンドから資金を引き揚げた。資金流出は2014年末以降、毎四半期で続いている。第3四半期のマルチ戦略ファンドからの資金流出額は11億ドル(約1244億円)。14年末以降の総額ではほぼ250億ドルに達した。

  資金流出のきっかけとなったのは汚職を巡る捜査だったが、2016年に米当局との間で訴追延期合意が成立した後も顧客の資金引き揚げは続いた。同社は資金流出分をローン担保証券(CLO)の組成で補おうとしたが、得られる手数料はずっと少ない。

  ロバート・シャフィール最高経営責任者(CEO)は2日の電話会議で、「マルチ戦略ファンドへの資金流入には引き続き失望している。だが米国や欧州、アジア地域の既存顧客や見込み顧客と積極的にやり取りしている」と発言。最近になり「有力な」プライベートバンクからの投資を取り付けたと述べ、ほかにも複数の交渉を進めていることを明らかにした。

原題:Och-Ziff Saw Hedge Fund Clients Pull $1.1 Billion in Quarter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE