コンテンツにスキップする

ドイツ銀行:ストレステスト結果のCET1比率、約8%に改善-関係者

欧州の大手銀行を対象に行われた最新のストレステストで、厳しい逆境シナリオの下でドイツ銀行の普通株式等Tier1(CET1)自己資本比率は約8%になると判断された。事情に詳しい関係者が明らかにした。

  前回2016年のストレステストでは7.8%と判定されたため、今回の結果はドイツ銀の資本状況の改善を示す。ドイツ銀はコメントを控えた。

  欧州銀行監督機構(EBA)は2日遅く、ストレステストの結果を正式に公表する見通し。EBAは銀行に失格のらく印を押すことはないが、この結果を材料にCET1比率の改善を求めることが多い。

原題:Deutsche Bank Stress Test CET1 Ratio Said to Hit About 8 Percent(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE