コンテンツにスキップする
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀、有力株主にJPモルガン出身者-以前シェア奪ったライバル

  • ダグ・ブラウンスタイン氏とマット・ゼームス氏
  • 金融危機時にJPモルガンの投資銀行部門で働いた経験持つ
The twin tower skyscraper headquarters of Deutsche Bank AG.
Photographer: Alex Kraus/Bloomberg

ドイツ銀行の有力株主2人は、大手銀行の業務について素人ではない。

  JPモルガン・チェースの最高財務責任者(CFO)を務めたダグ・ブラウンスタイン氏は、自身が新たに設立したヘッジファンドの最大保有銘柄がドイツ銀株であることを明らかにした。

  ブラウンスタイン氏のかつての同僚、マット・ゼームス氏は現在、ドイツ銀の大株主である投資会社サーベラス・キャピタル・マネジメントの一員として同行へのアドバイザーを務める。

  両氏ともクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)のドイツ銀立て直しが成功することを祈っており、金融危機時にJPモルガンの投資銀行部門で働いた経験が同CEOを助けるかもしれない。

  特に、トレーディング業務の改善については助言できそうだ。両氏はJPモルガンが債券と株式トレーディングで市場シェアを伸ばしていた時期に同行に在籍。そして、シェアを奪った相手は主にドイツ銀だった。

原題:JPMorgan Alumni Will Be Key Voices in Deutsche Bank Turnaround(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE