コンテンツにスキップする

中国:米国からの大豆輸入、9月は80%余り減少-貿易摩擦波及

  • 13万2000トンと前年同月の93万7000トンから急減
  • ブラジルの対中輸出は28%増の759万トン

世界最大の大豆輸入国である中国は9月に米国からの大豆輸入を前年同月比で80%余り減らした。米中貿易摩擦に伴う報復関税の応酬で世界の2大経済大国のいずれにも影響が及んでいる。

  税関のデータを基にブルームバーグが算出したところ、中国が9月に輸入した米国産大豆は13万2000トンと、前年同月の93万7000トンから急減した。

  中国が国別の大豆輸入を公表したのは3月以来。米国の落ち込み分は世界最大の大豆輸出国であるブラジルが補った。ブラジルの対中輸出は28%増の759万トンとなった。

China's September soybean imports lowest for the month since 2016

原題:China Cuts U.S. Soybean Imports by More Than 80% as Tariffs Bite(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE