コンテンツにスキップする

米半導体株、通常取引で大幅上昇-NXPセミ決算で需要懸念後退

  • NXPセミコンダクターズの7-9月売上高は市場予想上回る
  • フィラデルフィア半導体株指数は4.6%高、15年8月以来の大幅高

1日の米株式市場の通常取引で半導体株が上昇した。NXPセミコンダクターズによる前日の決算発表を受け、半導体需要縮小を巡る懸念が和らいだ。

  フィラデルフィア半導体株指数(SOX)は4.6%高と、2015年8月以来の大幅上昇。この3日間の上昇率は10%に達した。ボラティリティーの急上昇に伴い市場全体が低迷した10月に、半導体株は他のハイテク株と並んで最も下げた業種の一角を占めた。同月のSOX下落率は12%と、月間ベースで10年以来最悪だった。 

Thursday's semiconductor rally extended 3-day gains to 10 percent

  NXPの7-9月(第3四半期)決算では売上高が市場予想を上回った。また同社が示した10-12月(第4四半期)見通しは市場予想とほぼ一致した。これを受けてNXPの株価は12%上昇した。

  バーンスタインのアナリスト、ステーシー・ラスゴン氏は調査リポートで「特に業界の循環に関する最近の懸念を考えると、業績はかなり堅調だった」と指摘した。アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)は11%、オン・セミコンダクターは8.2%それぞれ上昇した。

原題:Chip Stocks Jump Most Since 2015 After NXP Eases Demand Fear (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE