コンテンツにスキップする
Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg

OPEC原油生産量、10月は16年以来の高水準-サウジとリビア増産で

Crew men board the oil tanker 'Devon' in preparation for transporting crude oil to export markets in Bandar Abbas, Iran.
Photographer: Ali Mohammadi/Bloomberg

石油輸出国機構(OPEC)加盟国による10月の原油生産量は、2016年以来の高水準に達した。米国による制裁が間近に迫ったイランの生産が減ったものの、サウジアラビアとリビアの増加分がそれを十二分に埋め合わせた。

  ブルームバーグ・ニュースが当局者やアナリスト、船舶追跡データを基に集計したところでは、OPEC加盟15カ国の10月の生産量は日量3333万バレルと、前月から43万バレル増加した。この生産量は、OPECが世界的な供給過剰の解消に向け減産に踏み切る直前の16年11月以降で最も多い。

  OPECの方針は夏以降一変し、「極力大量に生産する態勢」だとサウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が形容するところまできた。近く発動される米国のイラン産原油禁輸措置が、年内に供給不足に陥るとの懸念をあおっている。

OPEC's Winners and Losers

Saudi Arabia and Libya gain, while Iran and Venezuela suffer

Source: Bloomberg survey

  OPEC最大の加盟国で最も影響力が強いサウジの産油量は日量15万バレル増の1068万バレル。リビアでは日量17万バレル増えて122万バレルと、13年以来最高。一方、イランの産油量は減少が続き、16年以来最低となった。
 
原題:OPEC Output Climbs to Highest Since 2016 on Saudi, Libyan Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE