コンテンツにスキップする

ゴールドマン元バンカー有罪認める、実業家も起訴-1MDB事件

更新日時
  • 元バンカーのライスナー被告は資金洗浄の共謀などで有罪認める
  • ロウ・ジョー被告は現在逃亡中で、イン被告はマレーシアで逮捕された

マレーシアの政府系投資会社1マレーシア・デベロップメント(1MDB)を舞台に起きた巨額不正事件で、マレーシア人の実業家と米銀ゴールドマン・サックスの元バンカーが米国で起訴された。

  米司法省によると、1MDBの債券発行をアレンジしたゴールドマンの元シニアバンカー、ティム・ライスナー被告はニューヨーク東部地区連邦地裁で、マレーシアおよびアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の当局者への贈賄による米海外腐敗行為防止法(FCPA)違反と、マネーロンダリング(資金洗浄)のための共謀について、有罪を認めた。

  検察の発表によると、資金流用のスキームを首謀したとされる実業家のロウ・テク・ジョー被告はなお逃亡中。ゴールドマンの元バンカー、ロジャー・イン被告は1日、マレーシアで逮捕された。ロウ・ジョー被告はイン被告と共謀し、多額の資金を1MDBから横領したに問われている。

  1MDB事件に絡み米国で個人が起訴されるのは、これが初めて。ゴールドマンがアレンジした債券発行を通じて、1MDBは60億ドル(約6760億円)余りを調達したが、各国当局によると、その多くが個人の口座に流れ、ヨットや絵画、高級不動産の購入に充てられたという。

原題:Goldman Ex-Managers Charged Over 1MDB; U.S. Says Others Knew (2)(抜粋)

(詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE