コンテンツにスキップする

ローブ氏のファンド、10月の運用成績がマイナスに-株安で打撃

アクティビスト(物言う投資家)のダン・ローブ氏が率いるヘッジファンド運営会社サード・ポイントのファンドは、10月のリターンがマイナスとなった。同社を含む多くの企業が株式相場下落で打撃を受けた。

  ブルームバーグが閲覧した投資家宛ての書簡によると、「サード・ポイント・オフショア・ファンド」のリターンは先月6.9%のマイナスとなった。年初来ではマイナス6.3%。「サード・ポイント・パートナーズLP」ファンドも同程度落ち込み、年初来で5.9%のマイナスとなっている。

  サード・ポイントの広報担当者にコメントを求めたがまだ返答は得られてない。

原題:Loeb’s Third Point Funds Slump, Caught Up in Global Market Rout(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE