コンテンツにスキップする

ポンドが上げ拡大、中銀がより速いペースでの利上げ示唆

更新日時
  • 英銀の市場アクセスを巡る合意についての報道で上げていた
  • 投資家は次回利上げ時期の予想を来年11月に前倒し

1日の外国為替市場でポンドは上げ幅を広げ、9カ月で最大の上昇。イングランド銀行(英中央銀行)がより速いペースでの利上げを示唆した。これに先立ち、欧州連合(EU)離脱を巡る合意への期待も膨らんでいた。

  中銀はEU離脱の影響をまだ判断できないとしながらも、景気が2019年終盤から過熱し始める可能性があるとの見方を示した。離脱後の英銀のEU市場アクセスを巡る合意についてタイムズ紙が報じたことで、ポンドは上昇し、英国とEUの当局者が報道を否定した後も上げを維持していた。中銀のコメントを受けて、投資家は次回利上げ時期の予想を来年11月に前倒しした。

  ロンドン時間午後0時23分現在、ポンドは1.2%高の1.2921ドルと2月以来の大幅高。10年物英国債利回りは3ベーシスポイント(bp)上昇の1.47%。

Sterling extends earlier gains on hawkish BOE

原題:Sterling Climbs on Report Banks to Get EU Access After Brexit(抜粋)
Pound Extends Rally as BOE Hints at Faster Pace of Rate Hikes

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE