コンテンツにスキップする

中国の景気刺激策、財政政策頼みの公算大-金融緩和に制約

  • 景気下支えに向けた措置がさらに必要-共産党の中央政治局
  • 財政刺激策なら減税、または支出拡大がある-広発証

中国政府は景気刺激策で財政政策頼みを強めるとエコノミストらは見込んでいる。中国人民銀行(中央銀行)が金融緩和に動きづらいためだ。

  広発証券のアナリスト、グオ・レイ氏はリポートで、米国との利回り格差や国内市場の政策伝達の目詰まりを挙げて「金融政策に制約があるのは明らかだ」と指摘。「財政政策に関しては2つの方向性がある。1つは減税であり、もう1つは財政支出やインフラ整備の再開だ」と記した。

  中国共産党の中央政治局は10月31日、経済への下押し圧力が強まっており、景気下支えに向けた措置がさらに必要だと表明した。中国が活用できる政策手段は次のとおり。

減税

  • 中国当局は増値税と個人所得税をさらに引き下げる方針を示している
  • 企業負担を軽減するため、中国政府は企業所得減税や社会保険料の引き下げに踏み切るとエコノミストらは見込んでいる

財政赤字の拡大

  • より大型の減税となれば財政赤字は恐らく膨らむ
  • ブルームバーグのエコノミスト調査によると、中国の2019年の財政赤字は国内総生産(GDP)対比で3.8%に上昇する見通し

特別債発行

  • 中国には地方政府の専項債(特別債)など予算外の支出手段がある
  • 来年の特別債の発行上限は18年の1兆3500億元(約21兆8700億円)から一段と引き上げる必要があるかもしれない
  • シャドーバンキング(影の銀行)経由の資金調達が厳しく管理されており、地方当局にとって特別債はインフラ事業の資金を調達する重要な手段となっている

預金準備率引き下げ

  • 人民銀は預金準備率をさらに引き下げる可能性がある。経常黒字が縮小する中で資金供給などが可能だ

原題:China Is Likely to Rely on Fiscal Stimulus Measures for Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE