コンテンツにスキップする

フジモリ元大統領の長女、ペルーで3年間拘束へ-裁判所が認める

  • 最大野党「フエルサ・ポプラル」のケイコ・フジモリ党首を拘束へ
  • 党首側は不服申し立てを行う-「あからさまなリンチ」だと党首の夫

ペルーで違法な選挙資金集めの疑いで捜査対象となっている最大野党「フエルサ・ポプラル」のケイコ・フジモリ党首を3年間にわたり拘束することを裁判所が10月31日に認めた。同党首はアルベルト・フジモリ元大統領の長女。  

PERU-JUSTICE-CORRUPTION-FUJIMORI

ケイコ・フジモリ党首

フォトグラファー:Luka Gonzales / AFP via Getty Images

  国営テレビの映像によれば、リチャード・コンセプシオン判事は、悪質なマネーロンダリング(資金洗浄)に関与した重大な疑いがあるとしてフジモリ党首の拘束を命じた。党首側は不服申し立てを行うと表明した。

  2011年の大統領選にフジモリ党首が出馬した際の資金集めを巡り、フエルサ・ポプラルが不正に関与したと検察は主張。同党首の夫マーク・ビラネラ氏は裁判所の外に集まっていた記者団に対し、公判は「あからさまなリンチ」だと指摘し、同党首の弁護士は「司法の偏向が明白に示された」と述べた。

原題:Peru Opposition Leader Fujimori Jailed in Odebrecht Probe (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE