コンテンツにスキップする

バリュー投資ヘッジファンド、スリー・ベイズが閉鎖へ-関係者

  • シドマン氏率いるスリー・ベイズは12月1日に投資家へ返金
  • スリー・ベイズなどバリュー投資戦略ファンドの苦戦続く

バリュー投資の門人がまた1人脱落する。

  ヘッジファンドのスリー・ベイズ・キャピタルは、運用成績がここ数年振るわず、閉鎖する方針だと、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。関係者の1人が匿名を条件に語ったところによれば、元ハイフィールズ・キャピタル・マネジメントのマネーマネジャー、マシュー・シドマン氏が2013年に創業したスリー・ベイズは、12月1日に投資家に資金を返還する。ピーク時の運用資産は約16億ドルに上ったが、既に保有資産の大半を現金化していると同関係者は明らかにした。

  著名投資家のベンジャミン・グレアム氏とウォーレン・バフェット氏が最初に提唱したバリュー投資は15年以降、グロース株が割安株を上回るパフォーマンスとなる中で苦戦を強いられており、この手法を断念する運用者が増えている。ブルームバーグは過去1週間だけでも、チーフテン・キャピタル・マネジメントとSPOパートナーズが顧客に資金を返還する計画を伝えた。

  関係者1人によると、スリー・ベイズの運用資産は現在10億ドル(約1128億円)弱で、過去3年の運用成績は振るわず、今年のリターンは9月時点でマイナス4%程度だという。同社の担当者はコメントを控えた。ヘッジファンド・リサーチ(HFR)によると、株式を選別して運用するヘッジファンドの今年1-9月期の運用成績は資産加重ベースでプラス2.5%だったが、10月は株価急落が響き、マイナス約5%だとHFRの速報値は示している。

原題:Value Investing Hedge Fund Three Bays Is Said to Shutter (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE