コンテンツにスキップする

Tモバイルのスプリント買収、雇用喪失や負担増招く

Pedestrians pass in front of a Sprint Corp. store in New York.

Pedestrians pass in front of a Sprint Corp. store in New York.

Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg
Pedestrians pass in front of a Sprint Corp. store in New York.
Photographer: Jeenah Moon/Bloomberg

米携帯電話事業者TモバイルUSが計画している265億ドル(約3兆円)規模の米スプリント買収は、雇用の喪失や消費者の負担増をもたらすと、全米通信労組(CWA)や消費者保護団体パブリック・ナレッジ、活動家グループのフリープレスなどが10月31日の記者会見で指摘した。

主張の要旨

  • 小売り拠点の閉鎖と本社統合の過程で失われる雇用は3万人に達する-CWAの通信政策担当ディレクター、デビー・ゴールドマン氏
    • 「抗議の声がますます高まるだろう」
  • 合併が承認されればTモバイル、AT&T、ベライゾン・コミュニケーションズの3社が市場の99%を占めることになる-パブリック・ナレッジの上級政策顧問、フィリップ・ベレンブロイク氏
  • これらのグループは合併を審査中の連邦通信委員会(FCC)と司法省に影響を与えることを望んでいる
  • Tモバイルとスプリントは、合併は第5世代(5G)ネットワ​​ーク構築の迅速化を促すと主張

市場の反応

  • 31日の米株式市場ではスプリントとTモバイルがいずれも上昇。両社幹部が承認を楽観する見方を示したほか、両社とも7-9月(第3四半期)新規加入者数の増加を発表した

備考

原題:T-Mobile Purchase of Sprint Endangers Competition, Deal Foes Say(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE