中国指導部、追加の支援計画を示唆-景気への下押し圧力強まると認識

中国の指導部は追加刺激策が計画されていると示唆した。朝方発表された経済統計では広い範囲で減速がみられることが示された。

  中国共産党政治局は31日の会合後に発表した声明で、国内の経済状況が変化しており、下押し圧力が強まっていると指摘。政府はこれに対処するため時宜を得た措置を取る必要があると述べた。同会合は習近平国家主席が議長を務めた。

  声明は「経済はなお安定しているものの、変化が起きている」と述べ、「景気への下押し圧力は強まっており、事業面で多くの問題を抱える企業もある。長い時間をかけ蓄積された一部のリスクや危険な要素が具現化しつつある」と指摘した。

  中国の製造業購買担当者指数(PMI)は10月に低下し、約2年ぶりの低水準に落ち込んだ。

原題:China Says More Aid Coming as Downdraft From Trade War Rises(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE