GM:株価急伸、7-9月はキャデラック好調で予想外の増益

  • 通期利益見通しは従来予想の上限に、状況次第でさらに上振れ-広報
  • 7-9月の中国事業利益は過去最高、キャデラックが押し上げ

米ゼネラル・モーターズ(GM)では7-9月(第3四半期)決算が予想外の増益となった。中国で高価格の「キャデラック」、米国でスポーツタイプ多目的車(SUV)の需要がそれぞれ堅調だった。同社は通期利益が従来見通しの上限に達する可能性も示唆し、株価は急伸した。

  7-9月の調整後1株利益は1.87ドルに増加し、減益を見込んでいた市場を裏切った。GMの販売台数は今年に入り米国で前年をやや下回る水準で推移、中国では7-9月に15%減少したため、決算への期待値は低かった。

  GM広報のトム・ヘンダーソン氏はデトロイト本社で記者団に対し、通期1株利益は5.80-6.20ドルとした従来予想レンジの上限に達すると見込んでおり、「マクロ要因」次第では6.20ドルを上回る可能性もあると述べた。

  中国事業の利益は7-9月としては過去最高だった。低価格ブランドの「宝駿」などリテール販売は落ち込んだが、新型SUV「XT4」などキャデラックでも利益率の高いモデルが押し上げた。

  この発表を受け、31日の米株式市場でGM株は寄り付き前の時間外取引で一時11%高と急伸。ニューヨーク時間午前8時9分時点では7%高となっている。


原題:GM Shares Surge as Pricey Cadillacs Fuel Surprise Jump in Profit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE