スプリントとTモバイル株が急伸、幹部発言で合併承認期待高まる

更新日時

米スプリントとTモバイルUSAの株価が31日の米市場で大きく上昇した。265億ドル(約3兆円)規模の合併計画について、両社幹部が承認を楽観する見方を示したのが手掛かり。

  Tモバイルのジョン・レジャー最高経営責任者(CEO)は、「審査プロセスを通じて規制当局と協力してきた。感触はかなり良い」と、7-9月(第3四半期)決算発表後のインタビューで述べた。

  31日は、同合併計画に反対する意見書を連邦通信委員会(FCC)に提出する期限。

  スプリントのミシェル・コンブCEOは、合併が2019年前半に完了するとみている。すでに全米の半分を超える州で公益事業委員会からの承認を得ていると、31日の記者会見で述べた。

  31日はスプリント株が前日比で一時12%高と、4月以来の大幅上昇を見せた。Tモバイルも一時8.9%上げる場面があった。

原題:Sprint, T-Mobile Surge as Executives Express Optimism for Merger(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE