サンタンデール:資本比率が18年目標上回る、7-9月は大幅増益

スペイン最大の銀行、サンタンデール銀行は、7-9月(第3四半期)利益が前年同期比36%増の19億9000万ユーロ(約2550億円)となり、自己資本比率は2018年の目標を上回った。

  普通株等ティア1比率は11.11%に上昇し、増配または自社株買い戻しへの期待が高まった。利益のアナリスト予想は19億3000万ユーロだった。

  スペイン国内の利益は5億2600万ユーロと前年同期のほぼ3倍に増加。手数料収入や金融取引の利益などが寄与した。ブラジルは主に為替要因で減益となり、英国事業は安定化の兆しが見えた。

原題:Santander Meets Capital Goal Amid Surge in Quarterly Profit (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE