英スタンダードチャータード:7-9月は予想上回る利益-株価上昇

  • 基調的な税引き前利益は10億7000万ドル-予想9億7600万ドル
  • 香港上場株は上昇に転じ、一時は2.7%高となる場面も

英銀スタンダードチャータードが31日発表した7-9月(第3四半期)決算は、市場予想を上回る利益となった。アジアでの成長が寄与したほか、コスト管理が改善された。同行の株価は値上がりしている。

  1-6月(上期)のコストが予想外に上昇したと同行が7月に発表した後、投資家の懸念材料となっていた営業経費は1%減の25億1000万ドル(約2840億円)となり、予想(25億5000万ドル)も下回った。7-12月(下期)の経費は英国の銀行課税を除くと1-6月期に沿った水準になるとも説明した。

  7ー9月期の基調的な税引き前利益は10億7000万ドル。コンセンサス予想は9億7600万ドルだった。 決算発表を受け香港上場のスタンダードチャタード株は上昇に転じ、一時は2.7%高となる場面もあった。

Regional Differences

Growth was powered by performance in Asia

Source: Standard Chartered

原題:StanChart Shares Rise as CEO Bill Winters Boosts Returns (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE