三菱UFJ、豪CBAの資産運用会社買収で合意-約3320億円

更新日時

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

三菱UFJフィナンシャル・グループは、オーストラリア最大の銀行、コモンウェルス銀行(CBA)の資産運用部門コロニアル・ファースト・ステート・グローバル・アセット・マネジメント(CFSGAM)を41億3000万豪ドル(約3320億円)で買収することに合意した。

  • 三菱UFJはCFSGAMの2018年度純利益(プロフォーマベース)の17.5倍を支払い、日本以外での資産運用事業のエクスポージャーを拡大する
  • 今回の売却により、収益性の高い国内リテールバンキングに重点を置くCBAのマット・コミン最高経営責任者(CEO)の経営改革が進展する
  • CBAは以前にウェルスマネジメント部門と住宅ローンブローキング事業のスピンオフを計画していたが、今回の売却でCFSGAMは同計画に含まれないことになる

原題:Mitsubishi UFJ Buys Commonwealth Bank Asset Arm for $2.9 Billion、CORRECT: Mitsubishi UFJ Adds A$213b Managed Assets in CBA Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE