Tモバイル株が大幅上昇、新規加入者数が市場予想上回る

  • 加入者数の純増数は108万人と、市場予想の84万4000人を上回った
  • 通期加入者純増数見通しを最大410万人に引き上げ

The T-Mobile logo for Deutsche Telekom AG's T-Systems.

Photographer: Martin Divisek
Photographer: Martin Divisek

米携帯電話事業者TモバイルUSの株価が30日の時間外取引で大幅に上昇した。7-9月(第3四半期)の新規加入者数が市場予想を上回ったことが手掛かり。同社は265億ドル(約2兆9970億円)でのスプリント買収計画について連邦当局の承認を待っている。

  • 加入者数の純増数は108万人と、市場予想の84万4000人を上回った。純増数が100万人超えるのは4四半期連続

主な分析

  • Tモバイルは業界3位で、ベライゾン・コミュニケーションズとAT&Tとの差はなお大きいが、業界で最も好調な波に乗っている。7-9月期決算はTモバイルが値下げやサービス向上で競合他社から顧客を奪い続けることが可能との期待感を投資家に抱かせるものだ
  • 次の問題は好決算が、スプリント買収計画の追い風になるか、あるいは逆風になるかという点だ。二大携帯事業者に今後も圧力をかけ、次世代無線ネットワークを構築するためにも互いを必要としているとTモバイルとスプリントは主張
  • ウェルズ・ファーゴのアナリスト、ジェニファー・フリッチ氏によると、米当局から発せられたサインを見る限り、買収計画が承認を得る確率は今のところ70%。ただ「2019年1-3月(第1四半期)までの承認はあり得ない」という

市場の反応

  • 決算発表を受け、Tモバイルの株価は時間外取引で一時4%高の66.50ドル。年初から30日終値までの上昇率は1%未満

追加情報

  • 同社は通期加入者純増数の見通しを最大410万人と、これまでの360万人から引き上げた
  • 決算の詳細

原題:T-Mobile Rallies After Subscriber Gains Top Analysts’ Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE