米ファイザー:売上高予想レンジの上限を引き下げ-ホスピーラ苦戦

米製薬会社ファイザーは通期売上高予想レンジの上限を引き下げた。

  同社は通期の売上高を530億-537億ドル(約6兆-6兆500億円)と予想。7月時点の予想レンジは530億-550億ドルだった。

  ファイザー傘下のホスピーラ事業は苦戦が続いている。同事業での製品不足は、売上高予想引き下げの一因となった。ホスピーラでは過去に、製造・品質面で問題が発生している。

  米貿易政策が変化するさなかでドル高の影響も受けている。同社は「一部新興国通貨とユーロの軟化」も業績の重しになったと説明した。

  決算の詳細はこちらをご覧ください。

原題:Pfizer Narrows Forecast as Older Drugs Business Struggles (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE