コンテンツにスキップする
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg
cojp

コカ・コーラ決算は好調、健康志向の飲料が押し上げ

Coca-Cola Co. Diet Coke cans are displayed at the New York Stock Exchange (NYSE) in New York, U.S., on Monday, Jan. 29, 2018. All major U.S. stock indexes declined and Treasuries extended a selloff that's taken yields to the highest since early 2014 as traders gear up for a hectic week of data and policy announcements.
Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米清涼飲料メーカー、コカ・コーラの7-9月(第3四半期)決算では、売上高と利益が市場予想を上回った。糖分の低い飲料などが好調だったほか、値上げも寄与した。同社は今年、関税に伴う仕入れコスト上昇に対応するため値上げを発表した。

  値上げの主な背景は次の2点だ。トラック輸送業者の不足に伴う輸送費上昇、またトランプ大統領が発動した関税でアルミ缶コストも上昇した。

  ジェームズ・クインシー最高経営責任者(CEO)は、炭酸飲料の消費が落ち込む中で、より健康志向の高い飲料を強化している。コカ・コーラは今夏、英コーヒーチェーンのコスタの買収を発表した。

  決算の詳細はこちらをご覧ください。

原題:Coca-Cola’s Healthier Drinks Help Sales and Profit Top Estimates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE