グロース氏、自己資金約170億円引き揚げた公算-自身のファンドから

  • グロース氏と家族の持ち分、9月末時点で前年同期比で減少-届け出
  • グロース氏とジャナスからのコメントは得られていない

著名債券投資家のビル・グロース氏は自身が運用する「ジャナス・ヘンダーソン・グローバル・アンコンストレインド・ボンド・ファンド」に投じている自己資金を減らした。

ビル・グロース氏

フォトグラファー:Patrick T. Fallon / Bloomberg

  29日の届け出によると、同氏と家族の持ち分は9月末時点で約5億6600万ドル(約640億円)と前年同期の7億7500万ドルから減少。ファンドの成績がマイナス6.3%だったことを踏まえると、グロース氏は約1億5000万ドルを引き揚げたことになる。

  電子メールでコメントを求めたが、グロース氏からの返答はない。ジャナス・ヘンダーソン・グループの広報担当者もコメント要請に応じていない。

原題:Gross Cut Stake in His Janus Unconstrained Fund as of September(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE