メルケル氏の遺産は失業なきドイツ、危機中も歩み止まらず-チャート

  ドイツのメルケル首相は20年近く率いてきたキリスト教民主同盟(CDU)の党首を退く。これは首相としての日々も終わりが近いことを意味する。2000年代序盤の停滞から景気が回復の途上にあった05年から首相を務めるメルケル氏は、失業を減らすことに比べれば他のすべては二の次だとの持論を掲げ過去13年にわたり取り組んできた。失業率の低下トレンドは世界金融危機にもほとんど妨げられず、現在は記録的低水準にある。

原題:Merkel Can Look Back and Claim a Win on German Jobless: Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE