トランプ政権、中国半導体メーカーへの輸出制限-米中一段と緊張か

  • 米商務省は福建省晋華集成電路への輸出制限発表-安全保障上の理由
  • 米政権が中国国有企業の扱いで前例設けようとしている-シザーズ氏

米商務省は29日、中国の半導体メーカー、福建省晋華集成電路への輸出制限を設けると発表した。「米安全保障上の利益に反する活動に従事する著しいリスクがある」と指摘した。今回の動きで米中関係の緊張がさらに増すことになりそうだ。

  ロス米商務長官は発表文で、福建省晋華を「エンティティーリスト」に記載することで、米軍事システムに不可欠な部品のサプライチェーンを脅かす能力を制限すると説明。輸出管理規則(EAR)の対象となる全ての輸出や再輸出のほか、商品やソフトウエア、技術の移転にライセンスが求められることになる。

  アメリカン・エンタープライズ研究所(AEI)の中国専門家、デレク・シザーズ氏は福建省晋華について、中国半導体業界の潜在的な中心企業の一角で、同業の米マイクロン・テクノロジーと係争中だと説明。今回の判断は短期的にはマイクロンを中心に追い風となる可能性がある一方、長期的にはトランプ政権が中国国有企業をどのように扱うか前例を設けようとしていると分析した。

原題:U.S. to Restrict Exports to Chinese Chipmaker Fujian Jinhua(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE