モビアス氏:民主党が米下院を制すれば米国株は弱気相場入りへ

  • 日本や欧州、新興国の株式への資金シフトを促進か
  • 劇的な下げを演じた新興国株の「投資価値は大きい」

米中間選挙で民主党が下院の過半数議席を獲得した場合、米株式相場は弱気相場入りする可能性があり、欧州や日本、新興国の株式への資金再配分を促進する。新興国投資のベテラン、マーク・モビアス氏がこう予想した。

  モビアス氏は民主党勝利で政治的なこう着状態となれば、9月に記録した過去最高値から約9%下落しているS&P500種株価指数はさらに10-15%下落する恐れがあると予想。最新の世論調査結果では、共和党は11月6日の中間選挙で下院の過半数議席を失う公算が大きいことが示されている。

  モビアス・キャピタル・パートナーズの共同創業者である同氏はシンガポールでインタビューに応じ、「米株式相場が下落すれば、投資マネーは新しい機会を探すだろう」と述べ、「すでにそうした状況が見え始めている」と語った。

新興国株や中国、サウジアラビアについて話すモビアス氏

ブルームバーグ市場:アジア

  民主党勝利を受けた資金シフトは、米国以外の株式相場の下落に歯止めをかける可能性がある。1月下旬の高値以来、日本のTOPIXは約17%、ストックス欧州株600指数は12%近く下落し、MSCI新興市場指数は26%下げている。モビアス氏は劇的な下落を演じた新興国株の「投資価値は大きい」と指摘した。

  同氏は共和党が下院で過半数議席を維持できなければ、トランプ米大統領は中間所得層向け減税案などの政策を推進することが極めて難しくなると予想。一方で、下院の勢力図が変化しない場合でも、その結果で米国株が上昇する可能性は低いとの見方も示した。

原題:Mobius Sees U.S. Stocks Bear Market If Democrats Win House (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE