Photographer: Jim Young/Bloomberg

アマゾンやネットフリックスが大幅安、テクノロジー株の下げ5週目に

  • 米テクノロジー株の今月の下落率は過去10年で最悪のペース
  • 成長への懸念から市場のセンチメントが変化-ロン・ジョジー氏
Photographer: Jim Young/Bloomberg

今週も世界の大手テクノロジー株とインターネット株が再び売り込まれている。

  米テクノロジー株の今月の下落率が過去10年で最悪のペースとなる中、下げ一服を期待していた投資家は29日、さらなる売りに見舞われた。アマゾン・ドット・コムは一時9%下落。ネットフリックスも8.2%安まで値下がりした。フェイスブックは30日の決算発表を前に一時4.4%下落した。グーグルの親会社アルファベットは7.1%安まで下げる場面もあった。

  JMPセキュリティーズのインターネット・デジタルメディア担当シニアアナリスト兼マネジングディレクターのロン・ジョジー氏は、先週のアマゾンとアルファベットの決算発表以来、「成長への懸念から市場センチメントが変化した」と指摘。「アマゾンは成長について警告した。グーグルもそうだ。前四半期にはフェイスブックが成長減速で急落した。今回の急落は決算発表でさらなる業績鈍化が明らかになる可能性を想定するものだと思う」と分析した。

原題:Amazon and Netflix Tumble as Tech Rout Extends to Fifth Week (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE