ボーイング「737MAX8」で初の事故-189人絶望的

ボーイングの「737MAX8」を使用したインドネシアの格安航空ライオン・エアは、29日にジャワ海に墜落。同モデルとして初めての事故となった。同機には乗客・乗員189人が搭乗しており、民間航空機としてこの3年で最悪の事故となる可能性がある。

  737MAX8は昨年、航空各社への納入が開始されたばかりだが引き合いは強く、4000機を超える受注残を抱えている。

ライオン・エア機墜落事故後の遺体回収 29日

Photographer: Rony Zakaria/Bloomberg

  墜落原因は今のところ不明だが、ボーイングは29日、事故調査に当たる当局に技術支援を行う用意があると発表した。

  インドネシア国家捜索救助庁によると、今回の事故で生存者は見込めない。大半の犠牲者の遺体は海底に沈んだ機体の内部に閉じ込められている可能性があるとしており、これまでのところ回収できたのは遺体の一部や機体の残骸、搭乗者の所持品の一部のみだという。

原題:Boeing Jet Goes Down With 189 People in First 737 Max Crash (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE