アップル、iPhoneの陰に隠れた2製品の新機種を発表へ

  • 目玉は新型アイパッド・プロとマックブック・エア後継機種-関係者
  • アイパッド・プロに顔認証機能と新たな充電ポート採用へ
Photographer: David Paul Morris/
Photographer: David Paul Morris/

アップルは「iPhone(アイフォーン)」の陰に隠れた2つの製品ラインで待望のアップグレードを行う。

  同社は30日、ニューヨーク市ブルックリンでパソコン(PC)「Mac(マック)」とタブレット「iPad(アイパッド)」の新機種発表会を開催する。イベントのテーマは「メーキング(作る)」で、会場はブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージック(BAM)。アップルによる両製品の販売てこ入れ策を知る手掛かりとなる。

ブルックリン・アカデミー・オブ・ミュージックの外壁に飾られたアップルの看板

出所:Bloomberg / Bloomberg

  マックとアイパッドはアイフォーンに比べ、スクリーンやキーボードが大きく、ソフトウエアの用途も広く、処理速度も速い。こうした機能は特に、グラフィックスやウェブサイトの作成や映画編集、楽曲製作に携わる人々には便利で、マックの場合はソフト開発者にも役に立つ。

  事情に詳しい複数の関係者によると、30日の発表会で最大のニュースは、顔認証機能と新しい充電ポート、USBーCコネクターを搭載した新型「iPad Pro(アイパッド・プロ)」と、「MacBook Air(マックブック・エア)」の後継となる新型ノート型PC、プロユーザー向けの新型「Mac mini(マック・ミニ)」だという。関係者は未発表製品だとして匿名を条件に明らかにした。アップルの広報担当はコメントを控えた。

 

The iPad's Return to Growth

Apple's tablets have seen slight growth this year after sales slowed.

  マイクロソフトの「サーフェス・プロ」と競い合うアイパッド・プロは2015年に発売されて製品で、今回のアップグレードはそれ以来最も重要なものになりそうだ。サーフェス・プロは着脱可能なキーボードとスタイラスペンをサポートする大型タブレットを求めるビジネスユーザーの間で支持を集めた。

  アイパッド・プロは比較的大画面でカメラ性能や処理速度が高く、高価格設定であることから、売上高の伸びを支えている。

Apple's Macs Versus Windows PCs

Apple's Mac market share has long lagged the competition.

IDC 2Q 2018 market share data

原題:Apple Tries to Pull Two Devices Out From Under iPhone’s Shadow(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE