ブラジル大統領選勝利のボルソナロ氏、財政再建を約束-投資家は歓迎

  • ボルソナロ氏は勝利演説で赤字削減や債務圧縮などを約束
  • 演説は財政悪化に伴いブラジルを敬遠していた投資家を喜ばせた

ブラジルの次期大統領に決まったジャイル・ボルソナロ氏は、投資家が聞きたかった言葉を口にした。

  28日の大統領選の決選投票で左派・労働党(PT)のフェルナンド・アダジ候補に勝利したボルソナロ氏は、赤字削減や債務圧縮、政府の規模縮小を約束した。ブラジルの主要株価指数に連動する日本の上場投資信託(ETF)は29日午前に東京証券取引所で一時14%上昇し、選挙後最初の市場の評価が下される形となった。

  ボルソナロ氏は勝利演説で「われわれは債務拡大の悪循環を断ち切る。これを赤字縮小、債務圧縮、金利低下の好循環に代えていこう」と述べた。

  極右で元軍人のボルソナロ氏の世論調査での支持率が9月半ば以降に上昇して以来、ブラジル資産は世界最高のパフォーマンスとなっている。同氏自身が経済に疎いと公言していることもあり、年金・税制改革に完全にコミットしていないとの懐疑的見方もくすぶっていたが、今回の発言はそうした見方を抑えることが見込まれ、財政悪化に伴いここ数年ブラジルを敬遠していた投資家を喜ばせた。

  ウッドマン・アセット・マネジメント(スイス)のマクロ・為替ストラテジスト、ベルント・ベルク氏は「ボルソナロ氏は何年にもわたり景気低迷や汚職スキャンダルに見舞われていたブラジルにより良い未来を約束して地滑り的勝利を収めた。ボルソナロ氏が切望されている改革を実施すると確信している」と指摘した。

  ベルク氏は、ブラジル株の指標であるボベスパ指数が来年半ばまでに50%上昇して130000、通貨レアルが21%高の1ドル=3レアルになると予想している。

原題:Brazil’s Next President Delivers Message That Investors Wanted(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE