負のリターン資産クラス全般に、FED政策ミス懸念か-JPモルガン

  • ナスダックと商品、米レバレッジドローンの成績だけが現金に勝る
  • 1970年代スタグフレーションと金融危機を除けばなかった出来事

1970年代のスタグフレーション(景気停滞下の物価上昇)と世界的な金融危機の時期を除けば、これほど多くの資産クラスで1年を通じて運用成績がマイナスとなったことはない。それがなぜ今再び起きつつあるのか、先の金融危機がその理由に大きく関係している可能性がある。

  ジョン・ノーマンド氏を中心とするJPモルガン・チェースのストラテジストは26日のリポートで、「今年これまでにプラスのリターンを残した資産クラスは全体の20%にすぎず、1970年代のスタグフレーションのエピソードと世界的な金融危機を別とすれば、その割合がこれほど低くなったことはない。ナスダックと商品、米国のレバレッジドローンを除く全ての市場が2018年に入り米ドルのキャッシュをアンダーパフォームしている」と分析。投資家はサイクル終盤のささやかな変化にも過剰反応しているとの認識を明らかにした。

  ストラテジストは世界経済の成長と米国の企業利益がピークに達しつつあることが相場下落の理由だという「明快な主張」に「異論はない」としながらも、少なくとも長期平均レベル前後にとどまっている限り、それらの成長鈍化は、いつもなら投資家がデフェンシブ(守勢)になる十分な条件ではなかったはずだと指摘した。

  さらに「決算シーズン開始前の一部株式投資家によるかなりのレバレッジ解消や過去最高の自社株買い、FED(連邦準備制度)の中立に近い政策を前提にアウトパフォーマンスがあと2、3四半期続くとわれわれは予想していた。しかし、われわれの期間限定の楽観論を今月の市場が共有していないのは明らかであり、FEDが最終的に引き締め的な水準まで利上げすることで政策ミスを犯すという懸念の高まりが恐らく背景にある」との見方を示した。

原題:Why Do Investors Hate Everything? Maybe Paranoia, JPMorgan Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE