インドネシアでライオン・エアのボーイング機墜落、 189人搭乗

更新日時
  • 離陸から13分後に管制塔との連絡が途絶える
  • 捜索救助庁は墜落地点で残骸を発見したと発表

Lion Air Group livery is displayed on the engine of a Boeing Co. 737 Max 9 aircraft.

Photographer: David Ryder/Bloomberg
Photographer: David Ryder/Bloomberg

インドネシアの格安航空会社ライオン・エアの乗客・乗員189人を乗せた旅客機が29日、ジャワ海に墜落した。民間航空機の事故として3年で最悪の惨事となる可能性がある。

  ライアン・エアJT610便は真新しいボーイング737MAX8型機だった。現地時間午前6時20分にジャカルタを出発、離陸から13分後に管制塔との連絡が途絶えた。国家捜索救助庁によれば、同時点での高度は3000フィート。同機は旅行者に人気の高いパンカルピナンに向かっていた。

  墜落現場では個人の持ち物やライフベストを含む残骸が見つかっており、船とヘリコプターが捜索に当たっていると捜索救助庁のシアウギ長官が明らかにした。当局は先に、搭乗していたのは188人だと発表していた。

  搭乗者数に基づくと、今回の事故は2015年にエジプトで墜落したロシアのメトロジェット機以来で最悪の犠牲者を出す可能性がある。

Relatives of passengers wait for news on a Lion Air plane that crashed off Java Island, in Pangkal Pinang on Oct. 29.

Source: AP Photo

  ジャカルタを本拠とするライオン・エアはライオン・メンタリ航空が運営。2000年に運航を開始し、同社ウェブサイトによれば、国内183路線のほかシンガポールやマレーシア、サウジアラビア、中国などへの国際線にも就航している。

A submerged Lion Air aircraft at Bali’s international airport near Denpasar in April 2013.

Photographer: Sonny Tumbelaka/AFP via Getty Images

原題:Lion Air’s Boeing 737 Max Jet Crashes in Indonesia, Agency Says(抜粋)
Lion Air Boeing Plane With 188 On Board Crashes in Indonesia (2)
Lion Air Boeing Plane With 189 On Board Crashes in Indonesia (3)

(搭乗者数を189人に変更し、詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE