独ヘッセン州議会選:連立与党がまたも大敗、メルケル首相に痛手

更新日時
  • CDUとSPDは共に得票率を大幅に下げた
  • 緑の党と極右政党のAfDが得票を伸ばした

28日の独ヘッセン州議会選挙でメルケル首相のキリスト教民主同盟(CDU)と、国政での連立与党・社会民主党(SPD)が共に大敗した。メルケル首相の4期目の政権の不安定さが浮き彫りになった。

  今年3月に心ならずも政権に加わったSPDは、ヘッセン州の得票率が第2次世界大戦後最悪となったことを受け、連立離脱の可能性をほのめかした。SPDは一部の国政世論調査で支持率が緑の党や極右政党「ドイツのための選択肢(AfD)」を下回っている。

  コブレンツ・ランダウ大学のウルリッヒ・サルチネリ教授(政治学)は、「CDUとSPDの両党にとって、この敗北後の数週間は劇的なものになるだろう」とした上で、「CDU内の議論は激しさを増す」と指摘した。

  CDUのヘッセン州での得票率は過去50年余りで最低に落ち込んだものの、緑の党を加えたCDU主導の州連立政権は、自由民主党(FDP)などを新たに連立に加えるなどして、維持される可能性が高い。

  12月にはCDUの党大会が控えておりメルケル首相は党首再選を目指しているとされるが、それに向けて求心力を回復できない場合は状況が一段と不安定化する恐れがある。

  SPDのナーレス党首は記者団に対し、「連立政権の現状は受け入れ難い」と発言。政府には短期的な政策指針が必要であり、SPDが引き続き連立にとどまるかどうかはその実施次第だと述べた。

  連立政権への国民の不満が強まる中、14日のバイエルン州議会選挙でも連立与党が大敗していた。ドイツ政界ではポスト・メルケルの臆測が渦巻いており、今回のヘッセン州の結果を受け、連立政権の政権維持力が一段と問われる見通し。

得票率

2018年2013年投票結果変化
CDU27.2%38.3%-11.1%
SPD19.8%30.7%-10.9%
緑の党19.6%11.1%+ 8.5%
AfD13.2%4.1%+ 9.1%
自由民主党(FDP)7.7%5.0%+ 2.7%
左派党6.1%5.2%+ 0.9%

原題:Merkel’s Governing Coalition Suffers Blow in State Election (1)(抜粋)

(識者のコメントなどを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE