10月に8%安の中国株、反転期待も後退-売り圧力強まる

中国株の時価総額は今年1月からすでに3兆ドル(約335兆円)減少した。今後の反転に対する期待もしぼみつつある。

  上海総合指数は10月の下落率が26日終値までで7.9%。10-12月に入り持ち直しを期待していた投資家は手痛い打撃を被っている。通年の下落率では世界金融危機のさなかにあった2008年の65%に及ばないものの、1994年と2011年の22%に近づきつつある。今年の株式パフォーマンスで、中国株は世界最悪の部類に入る。

  以下に中国株の地合いを圧迫している要因を挙げる。

  委託貸付や信託貸付、銀行引受手形などシャドーバンキング(影の銀行)を巡る状況が悪化している。この残高は9月で7カ月連続の減少となり、2017年1月以来の低水準を付けた。また中国政府と関係のある5本のファンドが保有株を全て売却していたことが最近相次いで明らかになった。この動きによって、いわゆる「国家隊」が市場から撤退しつつあるとの観測が投資家の間に広がった。

$640 Billion Risk

China brokers, banks and trusts are most exposed to share-pledged loans

Source: PY Standard

Note: Data as of 0ct. 18, 2018

  証券会社や銀行関連にも不安がある。6400億ドル相当の株式がローンの担保として差し入れられており、その半分余りを証券会社や銀行が占めている。株価急落で株式売却を余儀なくされ、株安に拍車が掛かる恐れがある。

  ドル高も引き続き主な懸念材料だ。ブルームバーグ・ドル・スポット指数は先週、2017年6月以来の高水準に達した。これが新興国市場資産からの逃避を促し、人民元への圧力を強めている。国家外為管理局(SAFE)が25日発表したデータによると、中国の銀行が顧客に売却した外貨は16年12月以来の多さで、資本流出の加速をあらためて示した。

原題:Here Are the Reasons China’s Equity Rout Is Getting Even Worse(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE