RBS:準備金1億ポンド、EU離脱巡り「強まる不透明感」に備え

  • 離脱交渉の長期化で企業は投資を見送っている-マキューアンCEO
  • メイ首相との会合で離脱について「楽観的な感触」を得る

英銀ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は英国の欧州連合(EU)離脱を巡る強い不透明感に備えて1億ポンド(約143億円)を積んだことを明らかにした。EU離脱に伴う準備金を10-12月(第4四半期)に用意した英銀は同行が初めて。ロス・マキューアン最高経営責任者(CEO)は、離脱交渉が長引く中で大手企業は投資を見送っていると述べた。

  マキューアン氏は7-9月(第3四半期)決算発表後の電話会議で、同氏を含む他社のCEOとメイ英首相との先週の会合では離脱交渉について「楽観的な感触」を得たと述べた一方、「市場で一段と強まる不透明感」を反映させるために準備金を用意したと説明した。

原題:RBS Is First U.K. Bank to Take a Brexit Blow as Talks Drag (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE