ロシア中銀:政策金利7.5%に据え置き、大方の予想通り

  • 調査に答えたエコノミスト41人中39人が据え置きを予想していた
  • インフレ率は年内に4%を超え来年前半に6%に達する可能性

ロシア中央銀行は26日、政策金利据え置きを発表した。インフレリスクは根強いものの、先月の意表を突いた利上げの後、いったん引き締めを停止した。

  中銀は1週間物入札レポ金利を7.5%に据え置いた。ブルームバーグの調査に答えたエコノミスト41人中39人が据え置きを予想、2人は7.75%への利上げを見込んでいた。

  ユダエワ第1副総裁によれば、消費者物価の伸びは先月3.4%に加速。これは当局の想定内なものの、中銀はインフレ率が目標とする4%を年内に超え、来年前半に6%に達する可能性があるとみている。

原題:Bank of Russia Holds Rate in Pause for Inflation Threats to Come(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE