中国人民元:上昇に転じる、一時は1ドル=7元に近づく

更新日時
  • 人民銀の潘副総裁の記者会見での発言を受け相場持ち直し
  • 1ドル=7元台を付ける可能性は高い-INGのパン氏

中国人民元は26日午後、対ドルで上げに転じた。一時は10年ぶりの安値に向かい、主要なサポート水準である1ドル=7元に近づいた。

  中国人民銀行(中央銀行)の潘功勝副総裁は北京での記者会見で、今後もマクロプルーデンス措置を通じて為替市場の期待を安定させ、元相場を合理的かつ均衡の取れた水準に維持すると表明。人民元は他国通貨に比べれば安定しており、最近の元安は米利上げや貿易摩擦、ドル高などが要因だと説明した。

  潘副総裁の発言を受けて、人民元は下げ幅を縮小。現地時間午後4時(日本時間同5時)時点では0.16%高の6.9380元となった。一時は0.22%下げていた。オフショア人民元も過去最安値に迫った後、下落率を0.04%にまで縮めた。

  INGグループの大中華圏担当エコノミスト、アイリス・パン氏(香港在勤)は「ドルが非常に強く、人民銀も元安の歯止めを急いでいないようで、元相場が1ドル=7元台を付ける可能性は高い」と分析。「人民銀は同水準に達する前に積極介入しないかもしれない。ファンダメンタルズに基づく元安である限り、外貨準備を減らす必要はない」と述べた。

原題:China’s Yuan Rebounds After Nearing Weakest Level in a Decaden(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE