RBS:7-9月営業利益が予想上回る、資本比率も上昇

  • デービーズ会長が検討していた特別配当、実施の可能性も
  • 税引き前営業利益は前年同期比で10%増となった

英銀ロイヤルバンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)の7-9月(第3四半期)営業利益はアナリスト予想を上回った。自己資本比率も予想以上となり、特別配当を実施する可能性がある。

  26日の決算発表によると、第3四半期の税引き前営業利益は前年同期比で10%増え9億6100万ポンド(約1380億円)と、アナリスト予想の8億9200万ポンドを上回った。

  普通株等ティア1比率は16.7%に上昇。アナリスト予想は16.4%だった。ハワード・デービーズ会長は特別配当実施を検討していた。

原題:RBS Capital Strength Gives McEwan Confidence for Stress Tests(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE