野村HD:中国投資や3メガバンクとファンド設立で覚書

  • 規模は1000億円から2000億円を想定-野村HD広報
  • 中国進出の日系企業や中国企業、第三国企業に投資

野村ホールディングスは26日、中国の政府系投資ファンドの「中国投資」や邦銀3メガバンク・グループ、大和証券グループ本社とともに共同ファンドを設立することで合意、覚書を締結した。安倍晋三首相の訪中に合わせて決まった日中経済協力案件の一つ。

  野村HD広報部の山下兼史氏によれば、規模は1000億円から2000億円を想定しているという。野村HDの発表によると、このファンドは中国進出を望む日本企業や中国系企業、第三国企業に投資し、日中間の貿易や投資協力関係を深めるのが狙い。

  安倍首相は同日、中国の李克強首相との会談後の共同記者発表で、「ビジネス、金融、イノベーション、知的財産などさまざまな分野で両国の協力関係を深化させていく」との考えを明らかにした。野村HDのファンド設立も含めて、銀行・損害保険・商社・電機などの業界各社が計52件、中国との協力で合意した。 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE