中国「国家隊」関連ファンド、別の3本も事実上の清算

  • 24日にも説明なく2つの政府系基金が資産の処分を公表
  • 国家隊は本土株買い支えのため市場に介入しているとみられる

中国本土株を買い支えるため市場に介入しているとみられる「国家隊」に関連するさらに3本の政府系ファンドが7-9月(第3四半期)に保有する株式と債券を処分していたことが26日分かった。

  同日付の四半期報告によれば、「華夏新経済霊活配置混合型発起式証券投資基金」と「嘉実新機遇霊活配置混合型発起式証券投資基金」、「南方消費活力霊活配置混合型発起式証券投資基金」の純資産は9月末時点で合わせて2億5250万元(約41億円)に急減。6月末時点は393億元だった。

  同じような政府系ファンド2本「招商豊慶霊活配置混合型発起式基金」「易方達瑞恵霊活配置混合型発起式基金」も24日に説明なく7-9月期に全ての株式・債券保有を売却したことを明らかにしており、こうした基金の事実上の清算が続いている。
  
原題:Three More China Funds Linked to ’National Team’ Sell Holdings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE