アルトリア、電子たばこの一部販売停止-FDAの規制に向けた動きで

  • 未成年者の電子たばこ利用急増を受け、FDAは業界に対策要請
  • 「ニュー・マーク」については一部フレーバーの販売を停止する

米たばこメーカーのアルトリア・グループは、一部の電子たばこの販売を一時的に停止する。未成年者による電子たばこの使用急増を受け、米食品医薬品局(FDA)がたばこ業界に対策を求めたことを受けた措置。

  同社はFDAが承認するまで「マークテン・エリート」などの電子たばこ製品の販売を見合わせるほか、「ニュー・マーク」についてはタバコ、メンソール、ミント以外のフレーバーの販売を停止する。これらの販売停止は同社の電子たばこの販売量の約20%に相当する。

  FDAは9月、未成年者に電子たばこの利用が広がっている問題に対したばこ業界が対策を強化しなければ、フレーバー付き電子たばこの販売禁止もあり得ると警告していた。

原題:Altria Pulls E-Cig Flavors After FDA Cracks Down on Youth Usage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE