中国ZTE:7-9月は65%減益、米制裁響く-売上高14%減

  • 純利益は5億6450万元-自社予想は10億2000万元だった
  • ZTEは米国製テクノロジーの購入が数カ月にわたり禁止された

中国2位の通信機器メーカー、中興通訊(ZTE)の7-9月(第3四半期)決算は、純利益が前年同期比65%減少した。米政府が制裁を解除したものの、事業回復の厳しさが浮き彫りとなっている。

  ZTEの発表によれば、純利益は5億6450万元(約91億円)。自社予想は10億2000万元だった。売上高は14%減の193億元。

  米商務省はイランなどへの違法輸出を巡る合意条件に違反したとしてZTEに対して制裁措置を発動。スマートフォンやネットワーク機器の製造に必要な部品を含めた米国製テクノロジーの購入が数カ月にわたり禁止された。ZTEが経営陣の入れ替えと罰金支払いで合意したことを受け制裁は解除された。

原題:ZTE’s Profit Dives 65% as It Tries to Move Past U.S. Ban(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE