トランプ氏が不審物の報道は不要な敵対心あおる-再びメディア批判

  • メディアには際限ない敵意を終わらせる責任があるとトランプ氏
  • CNN社長:ホワイトハウスはメディア攻撃の深刻さ理解せず
Photographer: Eugene Reznik/Bloomberg
Photographer: Eugene Reznik/Bloomberg

トランプ米大統領は24日、CNNや民主党有力者数人に爆発物とみられる不審物が届いた問題を巡るメディア報道について、「不要な敵対心」をあおり「誤った攻撃」を行っていると批判した。

  トランプ大統領はウィスコンシン州モサイニーでの選挙集会で、「メディアには市民の論調を方向付け、際限ない敵意と、常に否定的で誤っていることもしばしばある攻撃を終わらせる責任がある」と述べた。

  トランプ大統領が繰り返し「偽ニュース」と非難してきたCNNのザッカー社長はこの日の発表資料で、「ホワイトハウスは、自分たちが続けるメディア攻撃の深刻さについて全く理解不足だ」と指摘した。

原題:Trump Faults Media for Political Hostility After CNN Bomb Scare(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE