韓国:7-9月期GDP、前期比0.6%増-予想下回る伸び

  • 前年同期比では2.0%増と09年以来の低水準-予想2.3%増
  • 輸出は前期比3.9%増、設備投資と建設投資はいずれも減少

韓国の7-9月(第3四半期)の経済成長率は市場予想を下回った。輸出が引き続き増加する一方で、建設・設備投資が減少した。

  韓国銀行(中央銀行)が25日発表した7-9月期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.6%増と、伸び率は前期から横ばい。エコノミストの予想は0.8%増だった。前年同期比では2.0%増と、予想中央値の2.3%増を下回り、2009年以来の低水準となった。

  7-9月期の輸出は数量ベースで前期比3.9%増。政府支出は1.6%増えた。一方、設備投資は4.7%、建設投資は6.4%それぞれ減少した。

原題:South Korea’s Economy Grows More Slowly Than Expected(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE