コンテンツにスキップする
Photographer: Jason Alden/Bloomberg
cojp

FAANG株軒並み安、軟調な見通しが重し-グロース株下げ主導

  • FB、ネットフリックス、アマゾン、アルファベットは5%超下落
  • アルファベットとアマゾンは25日の取引終了後に決算発表の予定
A selection of Netflix Inc. original content sits displayed in the Netflix app on an Apple Inc. iPad tablet device in this arranged photograph in London, U.K., on Monday, Aug. 20, 2018. The NYSE FANG+ Index is an equal-dollar weighted index designed to represent a segment of the technology and consumer discretionary sectors consisting of highly-traded growth stocks of technology and tech-enabled companies.
Photographer: Jason Alden/Bloomberg

24日の米株式市場で大型のテクノロジーやインターネット株が下落。フェイスブックとアマゾン・ドット・コム、アップル、ネットフリックス、グーグル親会社アルファベットを表す「FAANG」銘柄は今年、ほとんどの時期にわたり米国株の上昇に寄与してきたが、この日は軒並み安となり市場全体を押し下げた。

  終値ベースではフェイスブックが5.4%、ネットフリックスは9.4%、アマゾン・ドット・コムが5.9%、アルファベットは5.2%と5%を超える下落となり、アップルも3.4%下げた。この5銘柄は3つの異なる分野に分類されるが、テキサス・インスツルメンツ(TI)が23日に発表した見通しが失望を呼ぶものであったことがその下落に拍車を掛けたとみられる。TIの見通しは幅広いテクノロジー株の下げにつながった。

  ボストン・パートナーズ・グローバル・インベスターズのグローバルマーケット調査ディレクター、マイケル・マレーニー氏は「FAANG銘柄は過大評価で、商いがにぎわい過ぎ。われわれが目にしている失望や芳しくないガイダンスに伴う売りが頂点となっており、グロース株にマイナスとなっている」と語った。この日、S&P500種株価指数は3.1%安と6営業日続落。S&P500グロース指数は3.6%安だった。

  FAANG銘柄の四半期決算は引き続き注目される可能性が高い。アルファベットとアマゾンは25日の取引終了後、フェイスブックとアップルは来週に決算を発表する予定だ。

  この日は下落したものの、FAANG銘柄の大半は年初からの騰落率がプラスで、ネットフリックスは57%、アマゾンは42%それぞれ上昇している。例外はフェイスブックで17%下落。

原題:Megacap FAANG Bloc Collapses as Growth Stocks Lead Sell-Off(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE