【NY外為】ドルが年初来高値、カナダ・ドルは声明受けて急伸

更新日時

24日のニューヨーク外国為替市場で、ドルが年初来高値を付けた。地政学的リスクや企業業績への懸念が広がる中でリスクテーク意欲が損なわれ、避難通貨も買われた。

  ドルは他の主要通貨の大半に対して上昇。米株式市場でS&P500種株価指数とダウ工業株30種平均が年初来の上げを消し、ナスダック総合指数は2011年8月以来の大幅安で引けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が公表した地区連銀経済報告(ベージュブック)によると、過半数の地区が緩慢ないし緩やかな景気拡大を報告した。

  カナダ・ドルが主要10通貨全てに対して上昇。カナダ銀行(中央銀行)が利上げし、声明から「漸進的なアプローチ」という文言を削除、金融刺激局面からの脱却に向けたペースを加速させることを示唆した。

  ユーロは軟調。ユーロ圏の10月の総合購買担当者指数(PMI)が市場予想を下回った。

  ニューヨーク時間午後5時現在、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.4%高。17年6月以来の高水準に達した。ドルは円に対しては0.2%安の1ドル=112円26銭。ユーロは対ドルで0.7%安の1ユーロ=1.1392ドル。米ドルはカナダ・ドルに対して0.2%安。 

欧州時間の取引

  ユーロが2カ月ぶりの安値を付けた。PMIなど、ユーロ圏の経済指標が市場予想を下回ったことが嫌気された。ポンドも下落。メイ英首相が保守党の会合で欧州連合(EU)離脱計画への不満を示す同党議員らと会う予定で、首相退任を迫られるリスクが続いていることが材料。

原題:Dollar to Yearly High as Shares Give Up 2018 Gains: Inside G-10(抜粋)
  Euro Slides as Data Misses Cloud ECB Expectations: Inside G-10(抜粋)

(相場を最新にし、詳細を追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE