英バークレイズの7-9月:トレーディング収入が増加、株式は35%増

  • 債券・通貨・商品トレーディング収入は10%近く増加
  • 営業純利益は48億8000万ポンド、予想上回る

英銀バークレイズの7-9月(第3四半期)は、トレーディング収入が大幅に増えた。

  24日の決算発表によると、債券・通貨・商品(FICC)トレーディング収入が前年同期から10%近く増加。株式トレーディング収入は35%増と急増した。

  同行は、資金コストを下げるため、2008年に米国で発行した優先株の一部を買い戻す計画も示した。1株当たり6.5ペンスの2018年配当を支払う方針も重ねて示した。

  第3四半期の営業純利益は48億8000万ポンド(約7120億円)。同行がまとめたアナリスト予想は46億9000万ポンドだった。

  株式トレーディング収入は4億7100万ポンドと、アナリスト予想の4億6100万ポンドを上回った。

ジェス・ステーリーCEO

撮影:Simon Dawson / Bloomberg

Barclays' Trading Surge Best of Banks So Far

Surprise increase in fixed-income trading revenue helped Barclays report best y/y trading performance among global banks so far in 3Q 2018

Source: company presentations

原題:Barclays Trading Surge Shores Up CEO Staley in Activist Tussle(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE