米中対立で変わる日中関係、経済協力拡大へ-安倍首相が北京訪問

更新日時
  • 新たな次元の協力へ、胸襟開いて議論したい-安倍首相
  • 中国が「熱い期待」、日本企業にもメリット-中西経団連会長

安倍晋三首相と習近平国家主席

Photographer: JIJI PRESS/AFP
Photographer: JIJI PRESS/AFP

安倍晋三首相は25日、日本の首相として約7年ぶりに中国を公式訪問した。貿易摩擦で対立が深まる米中とは対照的に日中関係は改善が急速に進んでおり、新たな局面を迎えようとしている。習近平国家主席らとの会談では、経済協力の拡大などについて協議する。

安倍晋三首相

Photographer: Akio Kon/Bloomberg

  午後に北京入りした安倍首相は李首相と懇談。その後、日中平和友好条約締結40周年レセプションであいさつし、両国が世界の平和と繁栄のために共に貢献する時代が来ていると語った。習主席、李克強首相と新たな次元の日中協力の在り方について胸襟を開いて議論したい、との考えも示した。

  26日午前には再び李首相、午後には習主席と会談する。両国は金融危機時に互いの通貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」も含めた経済協力で合意する見通しだ。

  また、政府に歩調を合わせる形で経済界からも約500人が訪中。第三国市場でのインフラ投資協力に関するフォーラムを開催し、両国企業による数十件の協力案件の署名式も予定している。経団連の中西宏明会長は24日の会見で、今の中国は「他にヘルプしてくれる国があまりないので、日本に対して熱い期待がある」と指摘。中国は新しい産業の育成など質の高い経済成長にかじを切っており、日本企業にとっても協力拡大は「メリットがある」とも語った。

中国の習近平国家主席

  

  2012年に当時の野田佳彦政権が尖閣諸島の国有化に踏み切って以降、日中関係は冷え込んでいたが、今年5月に中国の首相として7年ぶりに来日した李首相は、両国関係が「正常な軌道」に戻ったと表明。今回の安倍首相訪中では習主席、李首相とそれぞれ会食する機会も設定した。

  元外交官で立命館大学の宮家邦彦客員教授は、米中関係が悪化する中で「中国が変わらざるを得なかった」との見方を示す。今回中国側が安倍首相の訪中を受け入れることは、今後の習主席訪日という本格的な関係改善の「最終的なプロセスが始まることになる」と分析している。   

  日中の経済協力に関し、安倍首相は25日のレセプションで環境に関する技術協力など一部で続いていた中国への政府開発援助(ODA)について歴史的使命を終えたと述べた。日本の対中ODAは1979年以降、総額3兆円以上にのぼる。大半を占めていた円借款の供与は2007年にすでに終了しており、河野太郎外相は23日の会見で「今の中国の経済レベルを考えれば、おそらく必要はない」として、今年度の新規案件で終了すると表明していた。

(北京到着を受け、第1、2、7段落を更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE