Photographer: Ralph Orlowski/Getty Images Europe

ドイツ銀株は1992年以降で最安値、収入減に歯止め掛からず

更新日時
  • 第3四半期収入は前年同期比9%減、予想下回る
  • 債券・通貨トレーディング収入は15%減、株式も同程度の減収
Photographer: Ralph Orlowski/Getty Images Europe

ドイツ銀行は事業縮小が収入に想定よりも大きな影響を与える見通しであることを認めた。就任から半年のクリスティアン・ゼービング最高経営責任者(CEO)が約束した成長の実現は容易でない。ただ、コスト削減によって4年ぶりの通期黒字を確保できる見込みだ。

  24日の決算発表によると、7-9月(第3四半期)の収入は第3四半期として2010年以来の低水準。同行は通期の収入見通しを下方修正し、これまでの前年並みから前年を下回るとの見通しを示した。2021年の利益率目標は取り下げた。

  この発表で株価は急落。同日のフランクフルト市場では4.8%安の8.87ユーロで引け、ブルームバーグが記録を開始した1992年以降の最安値に沈んだ。

  ゼービングCEOは行員向けのメモで「コスト削減の面では前進できた」としつつ、「収入面では立て直しをまだ果たせていない」と指摘した。

  ドイツ銀はコスト削減と業務の集中・絞り込みによる業績立て直しに取り組んできたが、収入減少に歯止めがかからない。JPモルガン・チェースのアナリスト、キアン・アボホセイン氏はリポートで、最大の収入を稼ぎ出す投資銀行部門をドイツ銀が「立て直す能力について引き続き懸念がある」と記述した。

  第3四半期の債券・通貨トレーディング収入は前年同期比15%減、株式トレーディングも15%減収となった。

  ゼービングCEOは投資銀行がドイツ銀の中核事業にとどまると述べつつ、同部門で少なくとも7000人を削減。4-6月の1700人に続き7-9月はさらに700人を削減した。こうした中で収入が減少する一方、格下げ、資金コスト上昇という悪循環に見舞われている。ジェームズ・フォンモルトケ最高財務責任者(CFO)は24日、有形株主資本利益率(ROTE)を10%とする目標はもはや目指しておらず、収入減少が続く中でその目標を達成するには一段のコスト削減が必要かもしれないと述べた。

  第3四半期の収入は61億7500万ユーロ(約7970億円)と前年同期の67億7600万ユーロから減少。アナリストは63億7200万ユーロを見込んでいた。債券・通貨トレーディング収入は13億2000万ユーロ、株式は4億6600万ユーロとそれぞれ前年同期を下回った。純利益は2億1100万ユーロで、前年同期の6億4700万ユーロから大幅に減少した。

原題:Deutsche Bank Cuts Revenue Outlook as Vicious Circle Persists(抜粋)
Deutsche Bank Growth Pledge Can’t Win Investors Who Heard It All,
Deutsche Bank Drops ‘Aspiration’ of 10% ROTE by 2021: CFO
Deutsche Bank Shares Close at Record Low on Weak Third Quarter

(株価やゼービングCEO、アナリストらのコメントを追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE